お気に入りの小説① ゴールデンスランバー/伊坂幸太郎

こんばんは、ゆうとです!
今回は僕の好きな小説についてつらつら書いていこうかなと♪

伊坂幸太郎 / ゴールデンスランバー 

伊坂幸太郎さん、大好きな作家の一人です!

ゴールデンスランバーは2008年の本屋大賞、第21回山本周五郎賞をダブル受賞した伊坂さんの代表作です!

あらすじだけ書くと至ってシンプル
首相暗殺の濡れ衣を着せられた主人公(青柳雅春)がひたすら逃げ回るという物語(⁠・⁠o⁠・⁠;⁠)
警察が平気で発砲してくる異常な状況、暗殺直後から犯人が青柳であることを断定的に伝えるマスコミの存在など黒幕は国家権力並の大きな何かだと判明w⁠(⁠°⁠o⁠°⁠)⁠w
無実を証すことをあきらめ、ひたすら逃げることになるがそのとき力になるのが青柳の身近な人間や社会のはみ出しもの達(みんな魅力的なキャラです♪)といったローカルな存在なところが黒幕に対する対比関係になっています!
果たして青柳は無事逃げ切ることができるのか!?
最後は衝撃的な結末が(⁠☉⁠。⁠☉⁠)⁠!
是非ご一読下さい!

―人間の一番の武器は習慣と信頼だ―
ゴールデンスランバーより

ではでは(^_^)/~
IMG_20231220_013613519.jpg

この記事へのコメント